軟骨成分が注目を浴びる

膝

人気の健康食品のひとつグルコサミンは、軟骨成分を多く含み、関節などの症状に対する効果が期待されています。サントリーでは、吸収を良くする効果のあるケルセチンに着目して、独自の技術で配合することに成功して販売を行っています。今後はこのように、研究費用などの潤沢な大手が群を抜いていくと予測されます。

詳細を確認する...

高齢者の悩み解消

サプリメント

少子高齢化の社会で高齢者が1人で生活していく上で、膝・関節の痛みは悩みの種になります。そんな悩みを解消してくれるのがサントリーのサプリメントです。これに含まれているグルコサミンは膝の痛みに効くので、人気があります。

詳細を確認する...

すり減る軟骨を増やすには

軟骨を生成する方法

サプリメント

グルコサミンとは人間の体の軟骨や靭帯などを形成しているヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸の原料となり、体内で生成されます。20歳の時を100%とすると、40歳の時には50%しか生成されなくなり、60歳には20%になってしまいます。年をとるにつれグルコサミンの生成は難しくなります。骨と骨をつなぐクッションの役割を果たすのが軟骨です。軟骨は若い時は消耗されても、グルコサミンから生成されるので問題ありません。しかし高齢になるにつれグルコサミンの量が減ると、軟骨の生成量が減り、徐々に軟骨がすり減ってきます。クッションの役割を果たす軟骨がすり減ると骨と骨とが直接あたるようになり、関節痛を引き起こします。加齢とともに減少するグルコサミンを摂取することは軟骨のためにも大切です。

成分の特徴

サントリーのグルコサミンの特徴はケルセチンを配合していることです。ケルセチンはとはポリフェノールの一種です。ケルセチンは抗酸化力が強く、体の中の活性酸素を除去し血液をサラサラにします。ケルセチンは玉ねぎやリンゴ、そばに含まれています。特に玉ねぎの皮に多く含まれていますが、皮の部分は食べないので、食べ物からとれる量はわずかになります。サントリーのグルコサミンの一日の摂取量は1200ミリです。グルコサミンの一日の推奨量は1500ミリなので少な目になります。グルコサミンは過剰摂取すると、血糖値や血圧の上昇、胸やけ、吐き気、胃痛、下痢、便秘などの副作用が報告されています。一日に大量にとるよりも継続することで効果が出てきます。サントリーは大企業だけあって、厳しい品質基準を設けています。サプリメントは見た目で品質を選ぶことは難しいです。大手企業で信頼できるサントリーのサプリメントは安心して摂取することができます。

吸収率や成分が優れている

夫婦

サントリーのグルコサミンを購入する場合は、割引や送料無料などの特典がある定期お届けコースを利用することを勧めています。優れた特徴の多さやブランドの強さなどから、さらに販売実績を伸ばしていくことでしょう。

詳細を確認する...